ベルスタッフのジャケット2 − XL500T

スポンサードリンク
ベルスタッフのジャケットで、ワックスコットン製のTrialmaster Classic(トライアルマスター・クラシック)と双璧をなす形で、人気のあるジャケットがXL500Tジャケット。

今やコットンワックスに次いでベルスタッフを代表する素材となったベルフレックス(Belflex)繊維が使用され、ライディング時の高い防水性や保護性、耐久性を持ちながら、手触りが優れているのが人気の秘密です。

ベルフレックスはデュポン製4オンスの紡糸で織られ、内側にアルミニウムが使用されていることでジャケット内の温度を常に快適なレベルに保つようになっているため、軽く、オールシーズン着られるのが最大の特徴。

ジャケットの裏地が100%コットンでベルフレックスの特性に加えて着心地が良く、袖裏はパッド付き、ポケットは防水ファスナーを使用、そして袖丈はライディング時の保護力強化のため普通よりも長めにするといった、細かい部分にまで配慮が行き届いているのは、ベルスタッフならではのこだわりと言ってよいでしょう。

ジャケット自体はそのシンプルさゆえに飽きのこないデザインで、シーンを選ばずに着ることができますから、老若男女を問わず着ることのできるジャケットとしておススメです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。