ベルスタッフのジャケット5 − Panther Jacket

スポンサードリンク
1970年代のPanther Jacket(パンサー・ジャケット)を復刻したのが、現在のPanther Jacket。なんと一着一着にシリアルナンバーが入った限定品で、ベルスタッフが伝統的にレザーを高級品として扱っていることを如実に物語る逸品として、多くのライダーに愛されているジャケットです。

レザーは摩擦や引き裂きに強く、ライダーに最高レベルの保護を提供する天然素材であるということは、現在でもレースで使われていることが証明していますが、ベルスタッフは1930年代からレザーを使用したジャケットやパンツを製造していて、その高い加工技術で防水性能も確保。

また、転倒時の安全が十分に確保されるように、レザーの厚みを必ず1mm以上にするようにしているのも、ベルスタッフのこだわりというべき仕様で、それがベルスタッフならではのレザーの風合いを醸し出している、大きな理由のひとつにもなっています。

Panther Jacketのスタイルは、長めの丈とハイウエストのベルト、肩と肘のパッドに象徴されるように、XL500シリーズと同様のオーソドックスなスタイルを踏襲していますが、そのアンティークなレザーの色調が、まるで別物のような印象を与えてくれるのが特徴。

カラーも、シックなブラックをはじめ、全9色と幅広い設定がされているので、「こうしたジャケットは、やはりレザーが一番!」という方にこそ、相応しい仕上がりのジャケットと言うことができるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。