ベルスタッフのジャケット11 − Sammy Miller Blouson

スポンサードリンク
1960年代から1970年代にかけてモーターサイクルレース界で活躍し、ロード、モトクロス、トライアルのヨーロッパ選手権で三冠王を獲得、”トライアルの神様”と異名を取ったサミー・ミラー(サミュエル・ハミルトンミラー)の名を冠した”Sammy Miller Blouson”。

ベルスタッフの伝統的な素材であるワックスコットンを使用することで、ラバーテックスのようでもあり、また紙のようにも見える独特な表情を持ち、伝統的かつスタイリッシュなライダースジャケットのデザインを取り入れながらも、ひときわ特別感の高いブルゾンです。

伝統的なライダースジャケットと言えば、先ずそのスタイルとして思い浮かぶのがダブルになった合わせですが、このSammy Miller Blousonでもそれは踏襲され、右胸から裾の体中心部へ向かって斜めに走るジップラインが、肩パッドと相まって逆三角のシルエットを強調。

さらに、左胸にはアクセントとなっているスモークドゴールドの2釦が付いた大きめのフラップポケット、そして右胸にはジップラインが縦に走るセットインポケットが設けられ、シンメトリーになっているのが逆三角形のシルエットをよりスタイリッシュに演出しています。

そしてもちろん、ベルスタッフの本格的なライダース仕様として、衿の合わせを閉めるための衿裏ストラップやゆったりめのアームホール、ウエストベルトなども装備。カラーはブラックのみですが、これもこの手のブルゾンであればこその設定と言うことができるでしょう。

ベルスタッフのジャケット10 − Cricket Jacket

スポンサードリンク
撥水性、防風性に優れ、保湿性が高いベルスタッフのオリジナル素材ベルフレックス(Belflex)をさらに軽量化した、ベルフレックス・エクストラライト”ベルフレッシュ”をアウターシェルに使用した長め丈のダウンジャケットが、このCricket Jacket(クリケット・ジャケット)です。

やわらかくサラッとした肌触りが特性のベルフレッシュと、グースダウン80%、フェザー20%で理想的に配合され、たっぷりとつめられたインシュレーションが快適な着心地と高い防寒性を実現しています。フードはファスナーで取り外し可能なので2WAYに着ることが可能。

また、フロントのファスナーがダブルジップになっていることや、裾の両サイドに開閉用のファスナーがついていること、加えて背面腰部分にベルトがついていることで、タイトな着こなしからルーズ目の着こなしまで、状況に合わせて着方を変えることも可能です。

そしてデザイン的な特徴になっているのが、両肩の切り返しと一体になった両胸のフラップポケットで、胸元をスッキリ見せているのが印象的。ポケットは、この両胸のポケット以外にも前面両腰部分にファスナーポケットと、内側にも3つあって実用面でも十分です。

その他にも、袖にはライダースジャケットの定石である袖口から肘にかけてのファスナーがついていて、フロントのファスナーと合わせて着用時の体温調整に役立つようになっているなど、防寒を前提とした万能のライダースジャケットと言うことができるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。