ベルスタッフのジャケット9 − Condor Jacket

スポンサードリンク
ベルスタッフオリジナルの素材であるベルフレックス(Belflex)をさらに軽量化したベルフレックス・エクストラライトを使用し、ベルスタッフらしい質実なつくりと都会的なセンスを融合させたジャケットが、このCondor Jacket(コンドル・ジャケット)。

衿の内側や衿を閉めるベルト、袖の肘から手首にかけた部分、そして背面にあるウェストを調節するバックベルトといった、着用する上で負荷のかかる部分には、しなやかで上質な牛革を使用しているのが特徴で、それがこのジャケットをさらに魅力的にしています。

フードはジッパーによる着脱式のため2WAYに着ることができ、もともと狩猟用に開発されたこともあって、ジャケット外側の両胸と両腰前面にそれぞれ大きなフラップ付きのポケットがあるのに加え、内側の両胸と腰部分にもポケットを装備しているのが便利。

インシュレーションは、保温性と透湿性にすぐれたポリエステル素材”Valtherm(バルサ−ム)”を採用しているので、防寒仕様ながらムレにも強い一面もあって、さらに脇下の通気孔がその機能を高めているため、様々な気候下での快適な着心地を約束してくれます。

もちろん、袖が長めなことや、その袖口のファスナーも長めになっているなど、ツーリング用のジャケットとしても十分に考慮された仕様になっているので、マルチに活躍するフィールドジャケットとして、高い価値を持った一着と言うことができるでしょう。

ベルスタッフのジャケット8 − Brad Jacket

スポンサードリンク
ブラッド・ピットが愛用しているのは、Racing Replica Jacketだけではありません。実は、ブラッド・ピット本人がベルスタッフに別注品として製作を依頼したとされるレザージャケットが存在していて、その名もBrad Jacket(ブラッド・ジャケット)。

ベルスタッフ独自の撥水加工をした牛革に、さらに何度も特殊なウォッシュ加工を施したオイルドレザーは、アンティークな風合で、カラーは俗にブラックブラウン(アンティークブラック)と呼ばれ、その落ち着いた表情が端正な印象を与えています。

丈は短めの腰丈、袖はベルスタッフの定石とも言える長めになっていて、両胸と両裾にフラップ付きの大きめのポケットを配し、スタンドカラーとなっている衿のベルトやフロントの合わせ部分にあるフラップで、前面からの風を防ぐようになっているのが特徴。

そしてまた、衿や袖口の直接肌に触れる部分には、肌触りが良く暖かいコーデュロイを使用していることや、Racing Replica Jacketと同様に、背面左右の腰部分にあるベルトで、より体にフィットした着方ができるようになっているといった細かな仕様も特徴になっています。

ベルスタッフのレザージャケットの中でも格別な、このBrad Jacket。ブラッド・ピットが発注した際に込めた想いや、着ている様子を想像して、おしゃれに着こなしたいものですね。ブラッド・ピットのファンなら、着こなしのヒントがすぐに思い浮かぶかも。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。